物忘れ・認知症外来|T内科クリニック よどがわ院|淀川区塚本の内科・訪問診療・精神科

〒532-0026 大阪府大阪市淀川区塚本4-1-7
06-6300-7734
ヘッダー画像

物忘れ・認知症外来

物忘れ・認知症外来|T内科クリニック よどがわ院|淀川区塚本の内科・訪問診療・精神科

物忘れ・認知症外来

物忘れには、年齢による「正常な物忘れ」、認知症になりやすいとされる「軽い物忘れ」や「病気による物忘れ」があります。病気による物忘れであっても、早期発見や適切な治療を行なうことによって回復するものもあります。
当院の認知症外来では、「物忘れ」を早く発見し、総合的な診断・治療を行ないます。

物忘れ

物忘れとは、歳をとることで誰にでも起こるものです。しかし、単なる物忘れでも、認知症の一つの症状としてあらわれるものもあります。

~認知症の可能性がある物忘れ~

  • 物事の段取りが分からなくなる
  • 日付、時間や場所等が分からなくなる
  • 経験の一部ではなく、経験したもの全体を忘れてしまう
  • そもそも、物忘れかどうか分からない

あくまでも、上記は目安となります。
認知症の診断は、早期に医師による適切な診断と治療が必要です。

認知症

徐々に悪化する物忘れが続く場合は、認知症の可能性があります。
物忘れの症状に加えて、暴言、暴力、徘徊、眠れない、食欲がない、やる気がわかないなどの症状が出現することもあります。
65歳以上で認知症の方は、およそ6人に1人であり、超高齢化社会を迎えた日本で認知症の方はさらに増加傾向です。

認知症は、

  1. 物忘れや物盗られ妄想などを主な症状とするアルツハイマー型認知症
  2. 小人が見えるなどの幻視を主な症状とするレビー小体型認知症
  3. 脳梗塞などをきっかけに発症する脳血管性認知症

などに分類されます。
早期発見と早期治療が大切です。

当院では、まずしっかりと症状やきっかけとなった出来事などを伺います。
その上で、認知症がどのようなものかを丁寧に説明し、一人ひとりの状況に合わせて回復への治療を一緒に行なっていきます。

代表的な症状

  • 昔のことはよく覚えているが、最近のことは忘れる
  • 物忘れが徐々に悪化している
  • よく道に迷うようになった
  • 財布を盗まれたと騒ぐ
  • 小人がベッドの上で遊んでいる
  • 怒りっぽくなった
  • 近所を徘徊するようになった